2006年12月02日

わたしたち…

 悔しいです!

 試合が終わったあと、チームメイトたちはピッチの上で、ベンチで、誰にもはばかる事なく泣いていました。
 もちろん私も。
 スタンドからは私たちを応援する応援歌が響いています。今まで敵として対戦していたはずのWoody BELL'Zのサポーターも、その応援に同調するかのようにROOMMATESのサポーターたちと一体になって応援旗を振り回しています。
 恐らく北見監督から聞いたのでしょうか、Woody BELL'Zの八重さんたちがまたピッチに戻ってきました。

 そして八重さんは、私たちの手を挙げて、マイクでみんなにみんなに伝えました。

「私たちWoody BELL'Zのみんなも、絶対にROOMMATESを潰させたりしません!」

 何が起こったのか分からない人たちにお話ししておきます。

 実はゲーム直前、横山監督からみんなにこう伝えられました。

 親会社から、ROOMMATESの活動は今季限りで撤退する、と通告された、と。

 つまり、私たちは今日この時、チームとしての活動を終えたのでした。

 悔しいのはもちろん、勝って最強チームに進めなかった、それもあります。
 でもそれ以上に、仲の良いみんなと一緒にゲームできるのが今日で最後、それが凄く悔しいです!

 なんでそんな無慈悲な事をするのでしょうか!

 申し訳ありません。
 ゲームの模様は今しばらくお待ち下さい。
 少し気分が落ち着いたらお話しできると思いますので。
posted by ROOMMATES at 21:35| Comment(36) | TrackBack(0) | 佐野倉 恵壬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホームでのWoody BELL'Z戦

 おはようございます、桂木です。
 今日はとうとう運命の争奪決定戦です。
 前戦は2-3で負けていますので、できれば相手に点を与えずに勝ちたいところです。

 フォーメーションは
GK 25 草薙  忍
DF 変更なし。
MF 13 清川  望
   15 千葉 ちひろ
   11 桂木 綾音
   17 佐野倉 恵壬
FW 変更なし。

 前戦3失点&イエローのティナに代わって副将の草薙さんが入り、またイエローを受けた茜ちゃんが下がって司令塔にいたちひろさんが左ボランチ、そして私が司令塔に入りました。

 ところで…
 ゲームが終わったあと、実は私たちもWoody BELL'Zの選手たちの泊まっているホテルに泊まる事になりました。
 そしてどちらが勝っても恨みっこなしという条件でホテルの近くのレストランを貸し切りにして打ち上げを行う事になりました。
 まあこのあと戦う事もありませんし、みんなでお疲れ様でした、という気分になりたいと思います。
 そしてそこで代表チームの選手は次の話に向けて気を引き締める、という意向のようです。

 でも…

「12月2日、佐多舞が熱い!!」

 佐多舞をホームタウンにする赤のチームが、今日昼に佐多舞スタジアム2002でリーグ優勝をかけて2位の大阪のチームと直接対決を戦います。
 そして夜はセザル・スタジアムで、私たちがWoody BELL'Zを相手に記念杯優勝チームを賭けて戦います。
 赤のチームも、そして私たちも、一生懸命戦って栄光を手にしたいです!
posted by ROOMMATES at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 桂木 綾音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。