2006年08月07日

合宿3日目の模様

 こんばんは、後藤 育美です。
 合宿も3日目となって、みんなも目の色がだいぶ変わってきました。


  まずは朝の砂浜トレーニング。
 誰もが各自のスタイルにあったトレーニングをし始めました。
 スピードをつけたい人、スタミナをつけたい人、
 GKは砂浜でダイビングキャッチの練習までしています。
 2日目までは甘い考え方をしていた選手達も今日はもう誰もが本気でやっています。
 それを見守る横山監督と北見監督の表情も、笑みが広がっています。

 午前中の基礎的なトレーニングのあと、午後はポジションごとにトレーニングになります。
 そして今日はFWとDF・GKが合同でトレーニングをすることになりました。
 まず北見監督が指示したのはフルコートでの7対7です。
 まずチームを分けます。

  WBLAチーム        RMSAチーム
   GK 八重 花桜梨      GK 西村 知奈
   DF 橘  恵美       DF 波多野 葵
   DF 鞠川 奈津江      DF 碧川  涼
   DF 藤沢 夏海       DF 加藤 美夏
   MF 朝日奈 夕子      DF 森井 夏穂
   FW 神戸 留美       FW 松浦 くるみ
   FW 伊集院 レイ      FW 後藤 育美

  WBLBチーム        RMSBチーム
   GK1パトリシア       GK1草薙  忍
   GK2水無月 琴子      GK2山代 有希
   DF 相沢 ちとせ      DF 橘  柚実
   DF 一文字 茜       DF 山本 るりか
   DF 渡井 かずみ      DF 丘野 陽子
   MF 野咲 すみれ      DF 清水 代歩
   FW 赤井 ほむら      FW 安藤 桃子
   FW 陽ノ下 光       FW シンディ桜井

 WBLはSMFの2人をMF陣から借りてきました。
 原則としてDFは守備のみ、FW(MF)は攻撃のみを担当します。
 2回ずつ5セット攻撃をして、どれだけ点を取れるかを競います。
 なおBチームは1回目と2回目ではGKを変える形になります。
 守備陣のクリア(ゴールキックなどでもよい)かゴールで攻守が交代します。
 ですからこっちが攻める時はFW2枚にDF3人+GK、WBLが攻める時にはFW3人にDF4人+GKという形になります。
 WBLの攻撃は朝日奈さんと神戸さんがサイドを深く抉り、そこからクロスで伊集院さんにあわせるというスタイル。両SBがその出所を抑えればいいような気がしました。
 ところが、それが甘いことが分かりました。
 朝日奈さんも神戸さんも、自分のところがダメと判断すると、すぐ伊集院さんに預けるパスを出します。そして伊集院さんのところに詰めると、下がってきた2人のどちらかにパス。そのコースを絞ろうと詰めると、とっさの判断でスルーパスに切り替えて、得点を重ねていきました。
 逆にこっちはFWが2枚、コースは1つしかありません。しかも鞠川さんも八重さんもFW経験者なので、こっちの考えを見抜いて先回りしてプレイしてしまいます。だからあっさりとDFの罠にハマって得点が取れません。
 結果として、AチームはWBLに0-5で敗れました。
 逆にBチームは3-2で勝ち面目を果たせましたが、合計では3-7で敗戦です。
 うちの連中、みんなしょげ返っていました。安藤さんなんか、なんで勝ったのにペナルティをしなくちゃならないの、といった表情がありあり。

「てなことで…」
 北見監督はそう言ってからみんなを見回しました。
「ペナルティはROOMMATESのAチームとWoody BELL'ZのBチーム。負けたチームがペナルティーの約束だから、これで行くよ!」
 ということで、早速ペナルティーを。
 FW陣はグラウンドを往復ダッシュ3本。DF陣はシャトルランを2セット、GKは麻生華澄コーチのPKのキャッチングを20本やりました。
 さすがにみんなげんなりした表情です。

「さてもう1本やるぞ。チームで話し合って、今度は変えてもいいぞ」
 北見監督の指示のもと、みんなが話し合いはじめました。
 どうすれば両チーム勝てるか、どちらも真剣です。

 そして第2セッション用のチームが発表されます。

  WBLCチーム        RMSCチーム
   GK パトリシア       GK 西村 知奈
   DF 橘  恵美       DF 橘  柚実
   DF 鞠川 奈津江      DF 碧川  涼
   DF 藤沢 夏海       DF 加藤 美夏
   FW 赤井 ほむら      DF 清水 代歩
   FW 陽ノ下 光       FW 松浦 くるみ
   FW 伊集院 レイ      FW シンディ桜井

  WBLDチーム        RMSDチーム
   GK1水無月 琴子      GK1草薙  忍
   GK2八重 花桜梨      GK2山代 有希
   DF 相沢 ちとせ      DF 波多野 葵
   DF 一文字 茜       DF 山本 るりか
   DF 渡井 かずみ      DF 丘野 陽子
   MF 野咲 すみれ      DF 森井 夏穂
   MF 朝日奈 夕子      FW 安藤 桃子
   FW 神戸 留美       FW 後藤 育美

 WBLはFW3枚をCチームに入れ、Dチームはとにかく守り切ることを主眼にしたようである。そしてうちは逆にチーム内のグループを揃える形にした。その方がまとまったプレイができるような気がしたのだ。
 Cチームは結構互角のプレイになったが、最終的に鞠川さんの統率力に1-2と負けてしまった。
 そしてDチーム。最初のセットでは得点が取れて幸先がいいな、と思ったが、次のセットで八重さんがGKに入った時、急に守備陣の統率力がよくなった気がしたし、攻撃も何となく形になったような気がした。
 八重さんがDチームに移ったのは、もしかしたらこのコーチングのせいもあったのかもしれない。
 実際うちはコーチングがしっかりできていないけど、WBLは八重さんも鞠川さんもしっかりコーチングしていた。最初のセッションでは2人がAチームに偏っていたのでBチームが負けたわけだけど、鞠川さんと八重さんを分散させた今回のセッションでは、どちらも守備陣に迷いないプレイが出来ていた。
 結局Dチームも2-3と負けてしまった。八重さんのGKのときは、結局1点も取れなかった。
 これが第1ステージMVPの実力なんだろうな、と実感しました。

 もちろんペナルティーは今度はうちの全選手が対象となり、必死にペナルティーをこなしました。

 今日のゲーム形式のトレーニングはみんな好評だったらしく、次からも取り入れて欲しいと言う声が多かったです。
 そしてMFも横山監督は北見監督のスタイルを踏襲して教えていたようでした。
 今日は充実した練習だったように思います。

 でも…
 ペナルティを2回受けたから、その分身体が張っています。
 しっかりマッサージを受けないとダメだよね。


posted by ROOMMATES at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 後藤 育美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。