2006年09月17日

一矢報いたな…

 こんばんは、草薙です。
 昨日は試合が終わったあと、いつになく興奮していた気がしました。
 あのFCはばたき戦に完封勝ち。いつも以上に嬉しかったです。



 何といっても私は背水の陣でした。
 最初FCはばたき戦のGKって何で、と思いました。
 ティナが好調ならティナにやらせればいいのに、と思いました。

 でも監督の考えはもっと深いものでした。

「このゲームはお前に任せる。
 この前の3点を追いつかれたゲームのリベンジだ。
 もしこのゲーム負けたら、お前の居場所はもうない。それだけは覚悟しな」

 監督は分かっていました。
 もともとFCはばたきに3点差を追いつかれたことがうちのチームの不振の根底にありました。
 だからこそ、あえて私をFCはばたき戦に当てたのです。
 私への奮起を促すために。

 こう言われて燃えないヤツはダメだと思います。
 私もとにかくがむしゃらに守りました。
 FCはばたきは佐野倉さんを筆頭に抜群の攻撃力を誇っています。
 でもそれを完封しないと、恐らく負けるんだと思いました。
 だから、とにかくがむしゃらに来たボールをセーブし続けました。

 前半の終わりに、恵壬がシュートを決めました。
 これで3戦連続です。さすがにキャプテンです。
 そうしたらこの虎の子の1点を守り切れば勝てると、気合が入っていきました。
 確かにシュートは少なかったと思いました。でも放ったシュートの多くは枠に来ました。
 だからとにかくゴールに入れさせないように…

 ゲーム終了のときのホイッスルを聞いた時、私はとにかくホッとしました。
 勝つのはもちろんいいんですけど、私が頑張ってゴールを止めたから勝てたんだ、そう思えると、無性に嬉しくなりました。
 ベンチに戻ると、監督からは「良かったぞ、これでみんなからも信用を取り戻せるな」と言われて、思わず涙がボロボロ出てきました。

 これからも、ゴールを守りきれるよう頑張ります。皆さんも応援宜しくお願いいたします。


posted by ROOMMATES at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 草薙  忍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。