2006年10月11日

あ〜あ…

 一瞬あたしたちの顔が真っ青になった。
 シュートを決められて同点に追いつかれ、ヤバい! って感じだった。
 あ〜あ、監督に怒られちゃうな…
 せっかく勝てたゲームを引き分けにされちゃあね。
 しかも運の悪いことに、ゴールを決めた直後に試合終了の笛を吹かれちゃった。
 みんな頭を抱えてベンチに戻ってきました。

「お疲れさん。 …まあ、しゃあねぇな」

 あれ?
 横山監督、怒ってない?

「そりゃさ、勝ち点が3あったのが1に減ったって考えたら悔しいけど、そもそも勝ち点が0の予定だったところを1取れたって考えれば、引き分けでも勝ち点が取れただけでも儲けものだと思うけどな」

 なるほど、そういう考え方もあるんだね。
 って、もしかしたあたしたち、負けると思ってたの?

「もちろん。相手はレギュラーだぜ。勝てるなんて発想が失礼だよ」

 そういう発言、あたしたちに対して失礼だと思うんだけどw


 とりあえずゲームのレポね。

 とにかく押しまくられました。特に前半は。
 だってシュートどころか、ラストパスまでつながらないんだもん!
 こっちは途中でボール取られて、サイドを抉られたり中央突破されたりしてボンボン撃たれて。
 絶対2〜3点取られててもおかしくないと思うけど、有希ちゃんがそこは上手くセーブしてくれてたんだ。

 後半に入ってとりあえず攻めにいこうってことになって、で序盤は由香ちゃんとか桃ちゃんとかも積極的に攻めていったんだけど、余り効果はなかった感じだった。
 でも何となくだけど、少しずつチームとして機能しはじめた感じだった。
 そして立て続けにキャプテン、お涼ちゃん、ちひろちゃんを投入。
 3人のおかげでそれなりにゲームが作れるようになってきた。
 でもキャプテンもちひろちゃんも、怪我してるのに良く頑張れるよね。

 であたしも頑張ったんだけど、向こうの6番の突破についていけずに足をかけてイエロー。あ〜あ…

 でもその直後。
 ちひろちゃんのクロスをシンディと向こうのGKとDFが競り合って…
 とりあえずシンディが勝ったような気はしました。
 でも何だか一瞬間が開いて、そのあとで悲鳴が聞こえてきました。
 どうやらうちが先制したようです。
 シンディに聞いてみたら、シュートにいく余裕がなくて下に落としたら、それがゴールに入っちゃったんだって。

 でもそこで勝ちを意識しちゃんたんだろうね。
 そのあとみんな守り捲ってた。
 蹴球団からはシュートの嵐を浴びせられて。
 で結局最後の最後にやられちゃって。


 ミーティングでは他の試合の結果も聞かされた。
 2位イレブン・ウィナーズは5位FCはばたきに1対1の引き分け。
 3位Sharp&Crisp武蔵野は4位Woody BELL'Zにボロ負けで順位交代。
 それにしても、
 あの若菜ちゃんが1試合4ゴールなんて、ビックリ。
 みんなも本当に驚いた表情をしてた。
 だって、ね。
 あたしたちが知ってる若菜ちゃんは、真面目だけどどこかオドオドしている感じだったから。

「やはりWoody BELL'Z。決して優勝戦線から離れてくれないね」
 横山監督は苦笑いしました。

 とりあえず14日まではオフということになりました。
 そこまでしっかりと身体を休めて、それ以降また頑張ろう、と。
 21日からはFCはばたき、Sharp&Crisp武蔵野、そしてWoody BELL'Zと連戦になります。
 しっかりと体調を整えて、優勝を勝ち取りたいな、って思ってます。


 最後に…
 確かに若菜ちゃん変わったなって感じたけど、
 これ にはビックリしちゃったな。
 うん、うちにいた時の若菜ちゃんはさっきいった通りだけど、まさかその若菜ちゃんがセックスを思いっきり楽しんじゃってるなんて、にわかには信じられない。
 しかも6回もしちゃうなんて。
 若菜ちゃん、北見監督に相当開発されちゃったって感じだけど…



 うらやましいな…
 あたしもしたい…


posted by ROOMMATES at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 丘野 陽子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。