2006年10月29日

昨夜の出来事

 おはようございます、佐野倉 恵壬です。
 昨日Sharp&Crisp武蔵野戦が行われました。

 負けてしまいました。
 もちろん相手は3位チームですから、油断はしていませんでした。
 でもうちの攻撃陣が全く機能せず、守備陣も要所で失点を重ねてしまいました。
 私はスタメンから外れていましたが、途中で森井さんからバトンタッチして最初は左SB、そして松浦さんと丘野さんの交代の際にCFへとポジションを変えてプレイしましたけど、結局何も変わりませんでした。

 うちが3位Sharp&Crisp武蔵野戦に負け、2位イレブン・ウィナーズがスプリングサンズに1-0で勝ち、4位Woody BELL'Zも5位FCはばたきとの同勝ち点対決を4-0で制したので、順位こそ変わりませんが、4位Woody BELL'Zまでの勝ち点が2に縮まりました。そして2位イレブン・ウィナーズとは勝ち点が並んでしまいました。

 そして次は昨日のゲームで爆勝したWoody BELL'Zとの対戦です。

 横山監督はミーティングでこう言いました。
「Woody BELL'Z戦は小細工なしでいく。フォーメーションは第2ステージ用に登録したメンバーで。その他も原則としてスタートの時と同じ。ただPKだけは恵壬が蹴って欲しい」
 今さら小細工しても始まらない。Woody BELL'Zには今のあるままをどんとぶつけていく。何しろ今まで記念戦で1分け2敗。向こうは爆勝した勢いをそのままぶつけていくだろうから、こっちも真っ向勝負、それしかないと思います。

 ところで…
 昨日はそのままホテルに入らずに、バスで直接佐多舞に戻ってきました。
 家に戻ったのは日付が変わった頃でした。

 ベッドに腰を降ろしてから、私はどうしてもやるせない気分になってしまいました。
 どうしてあんなに調子が落ちてしまったんだろう。
 やはり疲れているからかな。
 でもスタメンを外されるほど、深刻な状況だとは思っていなかった。
 そしてチームに迷惑をかけてしまった。

 果たして次のWoody BELL'Z戦勝てるんだろうか?
 こっちは0-2の完封負け、向こうは4-0の完封勝ち。
 神戸さんもだけど、若菜ちゃんも相変わらず調子がいいようだ。
 もちろんかつては仲間だったから、私も若菜ちゃんのことは良く知っている。でもあのときの若菜ちゃんとは何となく雰囲気が違うように感じた。
 ROOMMATESの時の若菜ちゃんは能力はあるとは思うんだけど、結構オドオドした雰囲気もあったように思いました。
 でも最近の若菜ちゃんを見ていると、本当に生き生きしているのが分かります。

 そう言えば…
 若菜ちゃんが活躍するようになったころあたりかな?
 若菜ちゃんが監督とセックスをした、という話を聞いた気がします。
 最初は信じられない、何を考えているの、そう思いました。
 でも…
 その後の彼女の活躍を振り返ると、そのことで若菜ちゃんに思い切りが出てきて、それがいい方向に出てきたという解釈にもとれるような気がしました。
 実際CFをしている若菜ちゃんは、本当に大胆で思い切りのいいプレイが多くなってきました。ROOMMATESにいたときの若菜ちゃんなら絶対にあり得ないプレイばかりです。

 私もセックスしたら、あんな風になれるのかな?

 それなら…

 私は由香から借りた携帯で、北見監督に電話をかけました。

 最初は北見監督と他愛無い話をしていました。
 そんな中でも、北見監督はやはり甘えさせてくれる雰囲気を感じます。
 北見監督ももうROOMMATESが負けていることは知っています。そして次の対戦相手としてこのような電話には神経を尖らせないといけないと思うのです。
 でも私の声から今の私の状況を掴み取って、本当に親身に接してくれます。
「北見監督って、本当に優しいんですね」
 私がそういうと、北見監督は、
「そりゃROOMMATESの主将がWoody BELL'Zの監督に内情を探ろうとするんなら警戒はするよ」
 と笑いながら答えました。でもそこから声色を変えて、
「でも佐野倉恵壬という1人の人間が、北見呼人という1人の人間と話をしたい、というのなら、俺だって鬼じゃない。その時はちゃんと話を聞くよ」
 やはり北見監督は優しいです。うちの監督とは大違いです。

 だから、私は決心しました。

「そういえば花桜梨さんもそこにいるんですか?」
 私は花桜梨さんが最近北見監督の家で泊まっていることを知っていますので、念のために確認しました。
「うん、今日もいるよ」
 監督が言うと、
「それじゃ花桜梨さんにも知ってもらいたいので、スピーカーにつないでも構いませんから」
 もちろん北見家は防音がしっかりしているので、これからすることについては安心していられます。
 そうでなくては、お嫁には行けませんから。
 そして私もハンズフリー用のキットを頭につけました。

「北見監督、花桜梨さん、それじゃ申し訳ないんですけど、電話をこのままにしておいてくれませんか。それと、時折メールで画像も送りますから、それも楽しんで下さい」

 私はそう言うと、服をすべて脱いで、深呼吸を1つしてから、「独演会」を始めました。

 その後のことはここでは語れませんが、恐らく北見監督も花桜梨さんも、電話の向こうで戸惑っていたかも知れませんね。
 私がまさかあんなことをすると思わなかったでしょうから。
 でも私は、とにかく北見監督に知って欲しいと思いました。
 偽らざる私の全てを。
 私の声が、喘ぎが、マイクを通して北見監督に伝えられます。
 私の痴態が、私自身の携帯で画像として収められ、メールで次々に北見監督の携帯に送られていきます。
 決して、いつもの私ならあり得ないことでした。
 でも今の私は弱い私でした。誰かに甘えていないと立つことの出来ない弱い人間でした。
 だから、本当に北見監督にすがりつく思いで、私の弱い部分を曝け出していきました。

 終わったあと、何となく恥ずかしくなって、北見監督に失礼なことをしたと謝りました。
 北見監督は「気にしなくていいよ」と言ってくれました。
 私は電話を切ると、今のことを思い出しました。

 やっぱり、私は北見監督が好きです。
 そのことがはっきりと分かりました。
 でも恐らく、この先も、ということはないと思います。
 北見監督には花桜梨さんがいますから。
 だからせめて、北見監督に1日だけでも恋人のように甘えたい。
 今の私のささやかな想いです。

 そして…
 次のWoody BELL'Z戦、一生懸命頑張って今までのリベンジを果たすこと。
 それが今私ができる、北見監督の喜ぶことだと思いました。

 もう迷いません。
 次うちが勝てば、Woody BELL'ZだけでなくSharp&Crisp武蔵野にも引導を渡すことができます。
 私はWoody BELL'Zに引導を渡すために一生懸命頑張ります。
posted by ROOMMATES at 10:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 佐野倉 恵壬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 一応念のためにw
 WBL綾崎のパラは一切修正しておりません。
 当初設定したそのままのデータを使用しています。
 綾崎の初体験のあとの活躍が目覚ましいからそういう風に解釈している人もいると思いますが…

 あくまでもフィクションですw

 一応主催者からの注釈ですww
Posted by スーパー白鳥13号@某企画主催者 at 2006年10月29日 10:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。