2006年11月11日

歓喜の時!

 こんばんは、安達 妙子です。
 今日は、本当に凄い一日でした。

 今日は優勝をかけて争う春日スプリングサンズ戦。
 いつもならスプリングサンズの応援がひときわ大きいこの春日市のマグパイ・パークですが、今日はオレンジと緑のROOMMATESの応援も目立っています。
 到頭ここまで来たんだ、そんな感慨に耽っています。

 でも、みんなちょっと緊張しているけど、それほどあがっているという感じではありません。
 やはり、第1ステージでWoody BELL'Zと優勝争いをした経験は、しっかりと私たちの中に生きていました。
 Woody BELL'Zは前節優勝戦線から私たちが葬り去ったのですが、今日はWoody BELL'Zに勝って欲しいという気持ちでいっぱいです。


 キックオフの瞬間、みんなが一斉に応援を始めました。
 春日スプリングサンズも今日勝てば最下位脱出の可能性があること、そして何よりも第2ステージ初勝利がかかっています。
 それに何よりも…
 私たちが優勝して胴上げするのを見たくはないはずです。

 開始早々、千葉さんが足をかけてイエローを貰います。
「ちひろ、焦んなくていいんだよ、焦んなくて!」
 横山監督の声がピッチに響きます。千葉さんも自分を落ち着けるようにはっきりと頷きます。
 それからあと、ゲームは静かに推移しました。

 マグパイパークでは、時折他チームのゲームの模様を流しています。
 私たちにとってはイレブン・ウィナーズとWoody BELL'Zのゲームが気になるところですが、スプリングサンズもSharp&Crisp武蔵野と小波蹴球団のゲームも気になるところです。

 そしてヘイズヒルズでゲームが動きました。
 Woody BELL'Zの右からの和泉さんのクロスを、若菜ちゃんがヘディングでゴールに突き刺しました。Woody BELL'Zが先制です。
 その瞬間、オレンジと緑の集団がひときわ大きく湧きました。
 そしてスタジアムには「若菜」コールが響き渡ります。

 その様子にみんなも気づいたみたいで、俄然みんなの動きが良くなりました。
 立て続けに千葉さんがゴールを襲います。
 どちらも枠から外れますが、スプリングサンズ守備陣を脅かすのには充分すぎるほどです。

 でも歓喜は長くは続きませんでした。
 またしてもヘイズヒルズで動き。今度は後藤さんの突破を止めたボールが藤崎さんのところに入り、そのままシュートがゴールに突き刺さりました。イレブン・ウィナーズが同点に追いつき、1-1になります。
 歓喜はやみましたが、私は意外にも嬉しくなりました。
 実は今回、GKの争いも佳境を迎えていました。
 第2ステージではSCMの御田さんとの一騎討ちが待っていましたし、総合のタイトル争いでも御田さんの他にWBLの八重さんとも争っています。
 そもそも八重さんは今回出場するつもりはなかったのですが、先週私たちがパトリシアさんから4点を奪ったために、急遽出場することになったのです。
 ゴールを決められれば、基本的には6点をとることは難しいので、西村さんにとってはいい展開になったとも言えるのです。
 ちなみにまだ御田さんも無失点です。
 スクリーンには決定的なパスを献上した野咲さんが八重さんや鞠川さん、橘さんに慰められていました。

 ところが、次に動いたのはオールド・レディー・スタジアムでした。
 それも…左からのCKをKFCの伊集院さんが頭で決めたものです。
 御田さんも土がつきました。西村さんにとってはさらにいい展開です。

 ロスタイムに入ってシュートを松浦さんが決めにいったのですが、GKがクリアした、筈でした。しかしボールを奪った八重さんがあわやオウンゴールをしそうになり、スプリングサンズ応援席からブーイングが飛びました。
 そのまま前半は終わりました。
 その瞬間、ヘイズヒルズがまた動きました。

 今度はWoody BELL'Zでした。
 右サイド、さっきラストパスを献上した野咲さんからのクロスを若菜ちゃんが空振りします。
 当然ボールは転々と左に転がります。
 一体どこまで転がるのか、と思った矢先、そのボールに神戸さんが飛びかかり、ダイレクトでシュートをゴール左下に決めていきました。
 神条さんは呆然といった表情で佇んでいました。


 ハーフタイム中に他チームの情報を伝えると、みんな嬉しそうな表情をしています。
 特にWoody BELL'Zがイレブン・ウィナーズをリードしていることがみんなを笑顔にしています。
 イレブン・ウィナーズが負けると、別に引き分けでもいいわけですし、負けても得失点差の関係でうちが有利なわけですから。
 ここで心に余裕ができたのが大きかったかも知れませんね。

 後半はとにかく攻め捲りました。
 千葉さんにファウルに注意、といった指示はしましたが、それ以外は攻撃的にいっています。
 最初あまり打てなかったシュートがどんどん打てるようになりました。

 他チームではファウルが出るようになり、負傷退場者も出てきたようです。
 でもうちの方はそういった感じもなく、うちが押し気味の中でゲームが進んでいきます。
 途中で大事をとってキャプテンの佐野倉さんが戻ってきました。
 タオルを渡すとそのタオルで汗を拭き取りますが、ちょっと悔しそうな表情です。
 恐らく自分がいるうちに決めたかったのかも知れませんね。

 どこも膠着状態のまま、ゲームが進んでいき…
 とうとうマグパイが大きく動きました。

 清水さんのクロスを岡野さんが後ろに流し〜ノエルコンビの仲の良さはうらやましい限りです〜くるみちゃんがシュートをします。
 そのボールは鞠川さんが跳ね返し、ダメか、と思いました。
 しかしそのボールが館林さんの足に当たり、転々と左に転がっています。
 そしてそこに森下さんが飛び込んできました。
 森下さんは躊躇せずにボールをゴールに突き刺しました。
 とうとう1-0、うちがリードしました。
 現時点でイレブン・ウィナーズが負けていますから、事実上優勝を決める一発といっても過言ではないでしょう。

 そしてホイッスルがなりました。
 ゲームが終わり、うちが勝ちました。
 とうとう最下位だけでなく第2ステージで勝利を挙げられなかったスプリングサンズの選手たちからは嗚咽が漏れだしました。
 私たちは勝ったということで嬉しそうな表情をしましたが、まだ本当に嬉しそうな表情はできません。
 ヘイズヒルズのゲームがまだ終わっていません。

 そして、最後の最後にまたゲームは動きました。
 左サイドの神戸さんのシュートを弾いたこぼれ球を、若菜ちゃんが豪快に決めました。
「若菜ちゃん、サイコー!」
 茜ちゃんの叫び声がしました。

 後半ロスタイムで3-1に差を広げられたイレブン・ウィナーズには、もう優勝の目がなくなっていました。もしかしたらイレブン・ウィナーズの選手にとっては、若菜ちゃんにゴールを決められた瞬間、優勝への光が見えていた出口のドアが、急速に閉められてしまった思いなのかも知れません。

 そしてヘイズヒルズのゲームも終わりました。
 この瞬間、誰もが歓びを爆発させていました。

 とうとう、私たちが優勝したんだ!

 みんな誰彼構わずハイタッチを繰り返し、そしてひと段落したところで横山監督を引っ張りだしました。

 当然胴上げです!

 横山監督が宙を舞ったあと、佐野倉さん、育美ちゃん、ティナ… トみんな胴上げしていました。
 私も何気なく胴上げされていましたけど、本当に気分が良かったです!

 これから祝勝会ですけど、本当に今日は無礼講、という感じになりそうです。
 今はとにかくみんなで優勝を喜びあいたいですね!


posted by ROOMMATES at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | RMSスタッフその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。